覚えておきたいお葬式の一般常識

相模原市での葬儀なら市営斎場がお勧め

葬儀で気になるのが費用です。民間の葬儀会社に頼むといったいくら取られるのか不安になります。相模原市で安心して葬儀が行える施設はどこなのでしょうか?
経済的に余裕がなく出来るだけ葬儀費用を抑えたいという人にお勧めなのは、相模原市が運営する「相模原市営斎場」です。民間の葬儀会社よりも料金が安く設定されているうえ、明朗会計で安心ですし、火葬場を兼ねた市の斎場ですから、葬儀が終わったらご遺体を他に移すことなく火葬できるというメリットもあります。
市営の斎場ですが設備は充実しています。告別ホールは3ヶ所、最大100席の大式場と最大70席の小式場が1つずつあり、式場の控え室は和室24畳40席と和室18畳32席が用意されています。ほかにも、更衣室と授乳室もあり参列する方への配慮もされています。葬儀費用は、通夜告別式一回あたり、大式場が相模原市在住の故人の場合は5万円、相模原市以外に在住の故人なら7万5千円、小式場では相模原市在住の故人の場合は4万円、相模原市以外に在住の故人なら6万円です。民間の葬儀会社の1/5から1/10程度と、安く利用できるのがとにかく魅力です。相模原市民ならここで葬儀を行うのが最も賢い選択ではないでしょうか。

葬儀の一般的な流れ

相模原市で家族を亡くした人が、葬儀に一般葬を選んだとします。依頼を受けた業者は、故人の大きな写真を葬儀屋の式場内に設置し、周囲を沢山の花やお菓子で飾ってくれます。派手な儀式になっているので、故人の家族が見れば悲しいと感じにくくなります。あと、告別式では喪主だけでなく他の参列者もスピーチできるので、その話を聞けば遺族は大いに喜ぶ事でしょう。
儀式の後に行われる精進落としは、参列者の数が多く盛大な盛り上がりを見せるので、家族を失ったことによる寂しさを癒すことができます。
葬儀に数日間かけて参列できないと言う人が多い時は、1日葬が選ばれます。最大で3日かかる一般葬や家族葬と違い、1日で終わるのが基本の葬儀です。お焚き上げの後に葬儀屋で念仏と告別式を行い、最後に精進落としをして終わりです。

場所によっては、一般的な葬儀の後に初七日法要をセットで行う所もあります。連続で済ませてしまった方が後日に集まるよりも楽と、参列者達の間で好評を得ています。あと、その後に食事をすることになりますが、精進落としを済ませてからの立て続けのため、食べられない場合がほとんどです。ですが、お弁当という形式で料理が出るので、持ち帰ることが可能なため安心して良いです。

新着記事リスト

2017年08月24日
かかる費用と葬儀屋の提供サービスを更新しました。
2017年08月24日
覚えておきたいお葬式の一般常識を更新しました。
2017年08月24日
一般的な葬儀のパターンを更新しました。
2017年08月24日
滞りの無いお葬式を更新しました。

お勧め記事

かかる費用と葬儀屋の提供サービス

葬儀屋が行っているサービスの話 相模原市の病院で家族が亡くなり、相模原市の葬儀屋に連絡を入れたとします。深夜の時間だっ…

もっと読む

覚えておきたいお葬式の一般常識

相模原市での葬儀なら市営斎場がお勧め 葬儀で気になるのが費用です。民間の葬儀会社に頼むといったいくら取られるのか不安に…

もっと読む

一般的な葬儀のパターン

相模原市で行う葬儀の規模の考え方 相模原市で葬儀をおこなおうと考えている場合は、葬儀の規模について決める必要があります…

もっと読む

人気記事

覚えておきたいお葬式の一般常識

相模原市での葬儀なら市営斎場がお勧め 葬儀で気になるのが費用です。民間の葬儀会社に頼むといったいくら取られ…

» 詳細はコチラ

かかる費用と葬儀屋の提供サービス

葬儀屋が行っているサービスの話 相模原市の病院で家族が亡くなり、相模原市の葬儀屋に連絡を入れたとします。深…

» 詳細はコチラ

Copyright(C)2017 相模原市でベストな葬儀を行うための方法 All Rights Reserved.